今井翼、2度目の活動休止から復活で投稿したワイルド近影が「武将じゃん」「時代劇がお似合い」と話題「貫禄出てきた」大河3作出演の実績に業界も太鼓判 | 週刊女性PRIME
2024/01/23

広告

《医師とも相談の上、活動を再開させていただくこととなりました》

 体調不良のため活動を休止していた俳優のが、1月21日より活動を再開すると公式サイトで報告した。

2018年にも療養

 2002年、とともに 「タッキー&翼」としてアルバム『Hatachi』でCDデビューした今井。順調にキャリアを積む中、2014年にメニエール病を発症し、2018年9月に療養のため無期限のとなり、旧ジャニーズ事務所を退所していた。

 その後、2020年2月にしたが、昨年6月、体調不良により再びを発表。《何よりも健康を取り戻すことが大切だと考え、一度お仕事から離れ治療に専念するという結論に至りました》と説明していた。

 ファンが応援の声を寄せる中、ついに復活した今井。インスタグラムでは 《皆様からいただくメッセージに励まされ、今日を迎えることが出来ました。今後も皆様にお楽しみいただける様、感謝して努めさせていただきます。よろしくお願い致します》と決意を表明している。

「武将の役が似合いそう」

 そんな今井の活動再開に、ファンからは、

《翼くん!!おかえりなさい!!!》

《本当に良かった! 無理せず翼くんのペースで頑張ってね》

 などと喜びのコメントが寄せられているが、一方でその近影にはこんな声も。

広告

「ネット上では、健康的な姿で戻ってきた今井さんのワイルドなビジュアルに対して、“の俳優みたい”というコメントが集まっています。彼はこれまでにも、1999年に『元禄繚乱』、2005年に『義経』、2020年に『麒麟がくる』と、NHKのに3作出演しています。年齢を重ねて俳優としての魅力が増した今後も、きっとオファーが来ることでしょう」(テレビ誌ライター)

 今井のを伝えたニュースを受け、SNSなどのネット上では、

《なんかがお似合いな雰囲気になってる》

《ワイルドだし武将の役が似合いそう》

《健康的な感じで貫禄出てきた》

 といった反応が寄せられている。

 かつての相方、滝沢は現在『TOBE』の社長として奔走中。刺激を受けながら、負けじと別の路線を切り拓いていく今井の今後に期待!

広告

広告

AD
記事