早朝のゴミ捨て場で鳴いていた幼い子猫。お腹と心がいっぱいに満たされると、とっても幸せそうな姿を見せてくれた
2024/01/22

広告

ある日、仕事が忙しくなってきた女性が、いつもより早い時間に自宅を出ました。そしてオフィスのドアを開けようとすると、少し離れた場所から甲高い鳴き声が聞こえてきたのです。気になった女性が声のする方に向かうと、オフィスのゴミ捨て場で独りぼっちの子猫の姿を発見しました。女性がゆっくりとゴミ捨て場に近づいていくと、子猫がゴミの山から勢い良く飛び出してきました。女性は子猫をそのままにしておくことができなかったため、オフィスの中へと連れて行きました。 その日、早めに帰宅した女性は子猫の身体を綺麗にするために、すぐにお風呂に入れてあげました。どうやら子猫は濡れるのが平気だったようで、全く苦労することなくお風呂に入れることができました。 女性はその後、オフィスの外に設置してある監視カメラの録画映像で、子猫に母親がいないかを確認してみました。しかし数日分の映像を見ても、ひとりで彷徨い歩く子猫の姿しか映っていませんでした。女性は母親のいない子猫に『アルバス』と名付け、一緒に暮らすことに決めました。アルバスは人間をあまり恐れておらず、家に来てすぐに女性から離れなくなったそうです。 こうして新しい生活を始めたアルバスは、さっそく自分を毛づくろいする方法を学びました。 こちらは箱の中で遊ぶアルバスの姿です。ヘソ天姿がとっても可愛いですね♪ 安全で暖かい家の暮らしに大満足のアルバスは、いつもエネルギーに満ち溢れていて、毎日を元気いっぱいに過ごしているそうです。

広告

またアルバスは時々、女性と一緒に家の外に冒険に出かけることもあるそうです♪ 存分に甘やかされて育ったアルバスは、こんなにハンサムな猫へと成長しました! アルバスはいつも満足そうに過ごしながら、室内生活を楽しんでいるそうです♪ こうして早朝のゴミ捨て場でお腹を空かせていたアルバスは、優しい女性のおかげで大きく成長することができました。安全な家の中で幸せそうに過ごすアルバスの姿に心が温まりますね(*´ω`*)

広告

AD
記事