江頭2:50、大腸ポリープ切除手術を受けていた
2024/01/22

広告

お笑いタレントの江頭2:50(58)が22日、YouTubeチャンネルで、大腸ポリープを切除する手術を受けたことを明かした。
江頭が人間ドックを受ける様子、数日後に医師でタレントの友利新が検査結果を発表する様子を収めた動画をアップ。
友利が「江頭さんには大腸に二つポリープが見つかったんです」と伝えると、江頭は「えー」と絶句。友利は「一つは4mmなんですけど、(もう)一つが8mm。基本的には6mm以上になったら取りましょうということなので、8mmのやつは早めに取った方がいい。全部のポリープが大腸がんになるというわけではない。ただ、大きくなればなるほどその可能性が高くなる」と説明した。
動画の最後には、後日、内視鏡手術で二つのポリープを切除した直後の様子も公開。病院から出てきた江頭は、「今、病院でポリープを切除してきました」と明るく報告。「日帰りでできるんだね。お尻の穴からカメラを入れて、ポリープを切るんだけど、麻酔が効きすぎていて、あっという間に終わった。今の医療、すごいよ。(体調は)バッチリです」と話した。

広告

AD
記事