若い世代にとってダウンタウンとは…?松本人志の咄嗟の一言が秀逸すぎる「あのちゃん」との伝説のやり取り
2024/01/22

広告

松本人志さんにまつわる様々な報道が連日出ていますが、ダウンタウンに対する批評に発展するものも。

松本さん自身、ダウンタウンを俯瞰で分析することもあったようで、新世代「あのちゃん」とのやり取りは伝説になっています。

若い世代にとってダウンタウンがどのような位置付けであるのかを、松本さん自身が自虐的にコメントしたことがあり、咄嗟の反応が話題になりました。

■「好きな芸人がダウンタウン」に松本人志「古っ!」

2022年9月放送の「人志松本の酒のツマミになる話」では、元ゆるめるモ!・あのさんが、松本人志さん推しを告白。

あのさんは、実は最近ダウンタウンの存在を知ったそうで、ファンになったのだと言います。

麒麟・川島明さんから、「あのちゃん、最近、好きな芸人がダウンタウンなんですって」と聞かされた松本人志さんは、驚きと共に「古っ!」と自虐的な反応で周囲を笑わせます。

お笑い界の王者として君臨している者としては「お笑いを分かっているね」「玄人好みだね」のような上から目線の発言もあり得たはずですが、ダウンタウンがもう既に若い人から挙げられるような存在ではないことを自らイジる秀逸な返しが話題になりました。

松本さんはその後「ありがたい。ほんとありがたいよね」と、世代を超えて様々な人たちから応援してもらっていることに感謝を告げます。

あのさんが「最近の人とかは『ごっつええ感じ』見たら絶対ハマります」と力説すると、松本さんは、「なんか…俺、まだ売れそうな気がしてきた」と、ここでも新世代の感性を真っ直ぐに受け止め、さらに周囲を笑わせたのでした。

(編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

広告

AD
記事