「ユーミンと中島みゆきの才能持つ」「今後メジャーの真ん中で長く活躍」業界人絶賛の女性アーティストとは
2024/01/23

広告

 音楽プロデューサー蔦谷好位置(47)、作詞家いしわたり淳治(46)、ロックバンド「ゲスの極み乙女。」などのボーカル・川谷絵音(35)が21日深夜放送のABC・テレ朝系「関ジャム 完全燃SHOW」に出演。2023年のマイベスト10(後編)で上位4曲を紹介した。

 3人が独自の視点で昨年の秀曲を発表する中、全員が口をそろえて楽曲を絶賛したアーティストがいた。

 蔦谷が2位に挙げた「Grapefruit Moon」、いしわたりが1位に挙げた「Super Ball」。両曲を作り、歌うのが22年にメジャーデビューした女性シンガー・ソングライター、TOMOO(ともお、28)。上質の詞曲や無二の歌声で同業者からの評価も高く、昨年には大阪城ホールやNHKホールでのライブを成功させるなど加速度的にブレーク中だ。

広告

 「Grapefruit Moon」の紹介時には、川谷も「これいい曲ですよねえ」と実感を込めた。蔦谷は「歌詞だけでなく作曲においても心情や情景描写ができる」「天才ですよね、この人」と評した。特に同曲には「時間の経過も感じさせる作詞作曲能力、歌唱表現に言葉を失うほど感動した」と衝撃を語った。

 いしわたりは、1位にしたTOMOOの「Super Ball」について「“目の前の壁を壊せ”“未来を切り開け”みたいな歌はたくさんあるけど、“尖らずに丸いままつらぬけ”というメッセージはあまり聴いたことがない」と歌詞の独自性に着目。「彼女は今後メジャーシーンのど真ん中で長く活躍していく気がします」と予言した。

 「自分の理論を伝えたいけど、歌の中では説明文になる。やり過ぎるともたつくが、彼女はナチュラルに織り交ぜられる。計算されつくしてる感じがして素晴らしい才能」といしわたりが絶賛すれば、蔦谷も「ユーミン(松任谷由実)さんと中島みゆきさんの両方の才能を持ってるみたいな」と、その凄さを表現していた。 

広告

AD
記事