ジミー大西、原画を売ったら老人ホーム行き希望? 「余裕があったら…」
2024/01/23

広告

23日、東京・日本橋三越本館で「還暦記念 ジミー大西 原画展」プレス内覧会が開かれ、お笑い芸人のジミー大西さんが登場。

原画展の見どころや、今後の目標について語りました。


■還暦を迎えるも…

「還暦記念 ジミー大西 原画展」は、画業30年を超えたジミーさんの過去から現在まで、貴重な原画や版画を展示販売するもの。

広告の後にも続きます

元日に還暦を迎えたばかりのジミーさんは「世間からしたら、ちょっとした60歳です。しっかりした60歳ではございません!」と言い、笑わせます。


■65歳で老人ホーム希望

これが最後の原画販売展だといい、「今回で終わります。さよなら! 蛍の光! 次やる時は”追悼展”です!」と宣言。

今回の売上で『65歳から老人ホームに入りたい』と言い出すと「みんなに迷惑かけたくないんで…。キャッシュカードの暗証番号もマネージャーに伝えてあるから、自分が死んだらそれで焼いてくれ、お通夜とお葬式もしなくていいと言ってあります」とまさかの話が飛び出します。

それでも「老人ホームに入っても、マネージャーに『キャンバスと筆だけはもってこいよ』って言ってます」と、作品制作は続けるそう。


■高額作品も「どれだけ…」

広告

一度は筆を折ったものの、明石家さんまさんから「1人のファンがおる限りはやんなきゃいけない」と言われて、再び絵を描き始めたジミーさん。

販売する原画の中には430万円(税抜)の大作も含まれていますが、「みなさん勘違いしないでください、全部が全部僕に入ってくるんじゃないんですよ。ここ(日本橋三越)の土地代がすごいんですよ。どんだけ百貨店さんが抜きはるか…」と言い出し、関係者は苦笑いに。


■意外にカツカツ…?

広告の後にも続きます

本当は売りたくない…と言いながら「売上で老人ホーム」「100g1,000円の肉をたまには食べたい」と愚痴るジミーさんに、取材陣から思わず「そんなカツカツですか…?」とツッコミが…。

「僕のこと、儲けてるって勘違いしてますよ。余裕があったらみなさんにお菓子でも配ってます、三越の地下で買って。本当にカツカツで申し訳ございません!」と、最後まで嘆き続けていました。


■執筆者プロフィール

たつきあつこ:『fumumu』編集部取材担当

芸能事務所のマネージャー、メーカーPRを経験し、現在は『Sirabee』『fumumu』にて年間約150件の記者会見を取材。100均やプチプラをこよなく愛し、週3ペースで店舗を巡る100均研究家としても活動中。

(文/fumumu編集部・)

広告

AD
記事