青学大・原晋監督 美穂夫人との初対面に衝撃事実「なぜきれいだったかと思ったら、確認したら…」
2024/01/23

広告

 今年の箱根駅伝で青学大を2年ぶり7度目の総合優勝に導いた原晋監督(56)の美穂夫人が、22日放送の日本テレビ系「しゃべくり007」(月曜後9・00)にゲスト出演し、原監督との出会いを語った。

 原監督は36歳で駅伝部の監督に就任し、夫婦そろって上京。美穂さんも寮母として選手たちの胃袋を支え続けている。

 そんな2人の出会いは、思わぬすれ違いから生まれた。美穂さんが当時、留守を預かっていた友人の家に、1本の電話が。それが原監督からだった。「その時、私の友達を仕留めようとしてて」。美穂夫人が原監督の電話の理由をぶっちゃけると、原監督も「キューティーハニーのような、ナイスバディーの彼女だったんですよ」と笑わせた。

 「私のことを友達だと思ってきて、どんどん話してきたんですよ」と美穂さん。「どうしようかなと。

広告

ずーっとしゃべってきて」と明かすと、原監督も「1時間くらいはしゃべっていた気はするね」続いた。

 しばらくして、美穂さんが「友達なんで、留守番してるんだけど」と言ったところ、原監督からは思わぬ返答が。「じゃあ今度会わない?」と、デートに誘われたという。

 美穂さんの友人を狙っていたはずの原監督には、MCの「くりぃむしちゅー」上田晋也から、「監督、誰でもよかったの?」とツッコミが。ところが、1時間の話で原監督に興味を抱いた美穂さんも「私も、じゃあ会おうかって。おもしろかったんですよ。話が」とOKしたという。

 デートで初対面の美穂さんの美しさに驚いた原監督。しかし、それには理由があったという。「その時ね、なぜきれいだったかと思ったら、後から確認したら、お見合いがその日あったの」。衝撃の事実に、スタジオはどよめきに包まれ、上田も「美穂さん、ダブルヘッダー入れてたの?」と目を丸くした。

広告

AD
記事