中谷一郎の妻の献身的な支えによる晩年…妻の真の姿や辛い病気に感動し涙が流れた…『水戸黄門』の弥七役に捧げた役者人生…妻への遺言に驚きを隠せない…
2024/01/23

広告

※出典:中谷一郎の妻が献身的に支えた晩年…妻の正体や切ない病魔に涙が零れ落ちた…『水戸黄門』弥七役に人生を捧げた役者人生…妻に残した遺言に驚きを隠せない…/昭和ロードショー(https://www.youtube.com/watch?v=r8EsdBHe9Qk)

俳優中谷一郎の私生活についてご存知の方は少ないかもしれません。しかし、彼の奥様は同じ俳優の中村かさんという女優であり、夫婦二人きりの生活を送っていました。夫婦には子供はいなかったため、2004年に最愛の夫が亡くなった際はとても悲しい思いをされたことでしょう。しかし、妻である中村かさんは夫との最後の約束を守るために脚本の執筆を続け、2010年には作品が上演されました。中谷一郎さんは長い俳優人生の中で『水戸校門』の風車の役を演じ続け、この役を大切にしたことは知られています。彼の最後の最後まで忠実に役に取り組んだ姿勢は、多くのファンにとって感動的なものでしょう。

この記事の要約

中谷一郎さんは風車のやのイメージが強い俳優であるが、私生活についてはあまり知られていない。中谷一郎さんの奥様は女優であり、彼とは子供がいない夫婦生活を送っていた。奥様は子供の頃からの夢である脚本の執筆を始め、中谷さんも彼女を応援していた。中谷一郎さんは2004年に亡くなり、最後まで役者としての人生を全うした。中谷一郎さんは札幌市出身で、実家は利用院を経営していた。

広告

中谷一郎さんは癌や糖尿病と闘いながら、最後の最後まで風車のやを大切に演じ続けた。

中谷一郎さんの家族生活について

中谷一郎さんは風車のやのイメージが強い俳優ですが、私生活についてはあまり知られていません。彼には奥様がいて、彼女も俳優ザに所属する女優です。奥様は東京都出身で、中谷さんよりも24歳年下です。二人の間には子供はいませんでしたので、家族は夫婦二人きりでした。

2004年に中谷一郎さんが亡くなった時、奥様はとても悲しい思いをされたでしょう。しかし、中谷さんと奥様の間には最後の約束がありました。それは奥様が脚本を書くことです。彼女は幼い頃から脚本を書くことを夢みていたのだそうです。夫は愛する妻に子供の頃からの夢を叶えて欲しかったのでしょうね。中谷さんは亡くなる直前に自分が死んでも書き続けてほしいと奥様に言い残したと言います。

奥様は最愛の夫との最後の約束を守るべく、悲しみを乗り越えて執筆を続けました。そして、2010年には彼女が書いた脚本「心の止まり」が俳優ザの公演として上演されました。この作品は、夫婦が住む偽帯住宅に未亡人のピアノ教師が引っ越してきたことから始まる物語です。作品はピュアなストーリーで人々の心を打つものとなりました。

中谷一郎さんの奥様が夫の最後の約束を守るために執筆を続けた姿は、彼の人生を振り返る上で欠かせないエピソードです。

中谷一郎さんの家族と故郷

広告

中谷一郎さんは北海道札幌市出身で、実家は中村利院という利用院を経営していました。彼は六人兄弟の長男として生まれ、実家は中村利院という道内最大の利用院だったそうです。彼の次男の弟は地元で実業家として活躍し、北海道ショッピングセンタービル代表取締役や樽シティ開発社長などを務めていました。

中谷さんは東京へ出て演劇の道を選び、長男としての役者人生を歩んできました。彼の家族はそれぞれの道を進み、地元での実業家として成功した弟と演劇の道を選んだ長男という対照的な二人の兄弟です。

中谷一郎さんの最期と俳優仲間の想い

中谷一郎さんは2004年に73歳で亡くなりました。彼は数年前から癌を患っていたため、入退院を繰り返していました。1993年には大腸がんが発覚し術を受け、その後も癌や糖尿病との闘いを続けながら俳優活動を続けました。

彼の術中、共演者であり親友でもある高橋太郎さんは病院の駐車場で術の無事を祈る姿が印象的でした。生涯を通じて演じ続ける役に巡り合えた中谷一郎さんの俳優人生は幸せだったのではないでしょうか。

亡くなる直前の中谷一郎さんの姿は、彼が演じた風車のやとして親しまれた存在としての最後のエピソードとなりました。彼は最後までやを大切に演じきったのです。

中谷一郎さんの役者人生を振り返ると、彼がいかにやという役を大切にしてきたかが分かります。彼は札幌から早稲田大学に進学し、フランス文学を学びましたが、友人の言葉から演劇の道に進むことを決めました。

広告

そして、1959年に劇団に入団し、岡本監督の映画「独立グレ隊」に出演するなど注目を集めました。

しかし、中谷一郎さんといえばやはり「水戸校門」で演じた風車のやの姿が一番の思い出です。彼は1969年の放送開始から1999年の第27部まで計687回にわたりこの役に挑戦しました。病気との闘いながらも彼は最後の最後までやを大切に演じ続けたのです。

参考:中谷一郎の妻が献身的に支えた晩年…妻の正体や切ない病魔に涙が零れ落ちた…『水戸黄門』弥七役に人生を捧げた役者人生…妻に残した遺言に驚きを隠せない…/YouTube「昭和ロードショー」(https://www.youtube.com/watch?v=r8EsdBHe9Qk)

【動画】中谷一郎の妻が献身的に支えた晩年…妻の正体や切ない病魔に涙が零れ落ちた…『水戸黄門』弥七役に人生を捧げた役者人生…妻に残した遺言に驚きを隠せない…

まとめ:中谷一郎の妻の献身的な支えと切ない病魔に涙が

広告

AD
記事